話したくない。

その時、なぜクリの写真を親達に見せてやったのか?

あいつら色恋の話(違う)ばかり言ってくれたから、何とか慰んでやって静かにさせるためだろうな

オレのことだから、人のことを気にしたら、自分のことはわからない方向へ発展していく

何度も、「お前気に入った子なら、何もかも文句ない」と言ってくれたのに

DCにあるそのかなりカジュアル写真を見せてやってから、悪夢の始めだ

同じ年だけど、クリは華奢で若く見えるのは確かだ

いつも年が近い女の子に逢ってから、あの二人さんはなんだかんだ聞きにくる

「あの子はこれよりもほっそり?」「あの子はこれよりも見にくい?」「あの子はこれよりも短い?」

そして俺の答えにかかわらず、勝手に結論につく

「子供じゃない」「似合わないぞ」「どこ気に入ったよ」


分かっている人はいないはずだ

オレいったいクリのどこを気に入った

クリ自身までも…かもしれん

可能性がごく低いことわかっとる

だが大切にしていたこの気持ち、ただで捨てたくない

帰って、クリ

顔見せて

話し合って

側に歩かせて

どんなことになるか全然分からない

その小さな幸福、味わわせてもらおう
[PR]
by shimizuryokuu | 2006-07-07 00:16 | 疲れ